www.bertrandsalle.com

-

-

乗用車の「全損」とは名称の通り全部が故障してしまう場合で、結果的に走れないというような乗り物としての役を果たさなくなった時に言われますが自動車保険で言う「全損」は多少同様ではない意味が込められていたりします。車の保険の場合では車が損害を受けた状態で【全損と分損】の区別され、【分損】は修理の費用が補償金でおさまる事を示しそれとは反対に全損とは修理費が補償額を上回ってしまう状態を表現します。修復で《全損》と判断されるとエンジンに重大な被害が存在したりフレームがねじれてしまって修繕が無理な場合リユースか廃車となるのが当然です。けれども、車の事故が起こってディーラーや自動車保険会社がそのような修復のお金を推定した場合に、いかに見た目が美しく修理が可能である状況でも修理の費用が保険よりも高ければ何のために自動車保険にお金を負担しているのか分からなくなります。このような場面では《全損》と結論付けて自動車の権利を保険屋さんに引き渡して保険金額を支払ってもらう事になっています。当然長い間所持した自動車でこだわりがあり自腹で修理して乗りたいという人間は多くいますので状況によって車の保険の会社と話すといいでしょう。自動車の保険の種類に応じてそういう場面が考えられていて車両全損時諸費用補償特約などの《全損》のために特約が設けられているケースが存在し、万が一愛車が全損となった時でも買い替え代金をある程度補償してくれる状況も実在します。なお盗まれた時の補償額の特約をつけるならば被害にあったマイカーが発見できないケースでも全損と判断され保険金が払われるようになっています。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.