www.bertrandsalle.com

-

-

一般の人が破産を要請するまでは債務者本人への電話を用いた取り立てと、借金のあるその人の家への訪問による徴集は違法とはならないということなのです。破産申請の事務手続きに進んだあと長い時間が費やされてしまった際にはなりふりかまわぬ返済要求をやってくるリスクが高くなります。債権保有者サイドとしては債務の払込もされないで、それでいて自己破産のような法的な手続きもなされないといった状態だと組織内部で完了処理をなすことができないからです。債権保持人の中には専門の人間に連絡していないと気づくと大変強引な返済要求行為をやってくる企業も存在しています。司法書士団体か弁護士に相談した場合、各々の債権者は依頼人に関しての直接集金を続行することが不可能になります。頼みを伝えられた司法書士の方か弁護士の担当者は事件を担うと記載した通達をそれぞれの債権者に送ることとなり各取り立て企業がその手紙を受け取った時点から依頼者は取り立て屋による激しい収金から逃れられることとなります。ここで、勤め先や実家へ訪れる返済要求は貸金に関する法律の条項で禁じられています。貸金業の登録が確認できる会社であれば仕事場や親の自宅へ訪れての徴集は法に違反するのを気づいているので違法であると伝えてしまえば、そういった集金を続けることはないでしょう。手続きの後は本人に向けての返済請求を含めて、例外なく収金行為は許されなくなりますので取り立て業者からの返済要求行動はきれいさっぱり消えてなくなることでしょう。しかし、中には違法と知っていてやってくる取り立て企業も存在しないとは言い切れません。貸金業として登録済みの会社であれば自己破産の手続きの後の徴集行為が貸金に関する法律のガイドラインに違反しているのを認知しているので、違法だと伝達すれば、そういう徴集をやり続けることはないと言えます。とはいえども違法金融と言われる不許可の取り立て業者についてはこの限りにはならず、強行な取り立てのせいで被害者が減らないのが現実です。法外金融が債権者の中にいそうな場合には弁護士の方や司法書士の方などの専門家に連絡するようにする方がいいと考えます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.