www.bertrandsalle.com

-

-

自己破産の際自分の返済義務にあたり保証人が存在するときには、事前にきちんと相談しておくべきです。ここにおいて、強調したいのですが債務に保証人を立てているときは、破産手続きの前段階にちゃんと考えなければいけません。なぜなら、みなさんが破産して免除がおりると、補償する立場の人があなたの義務をすべて払うことになるからです。ですから、破産の前に保証人になってくれた人に過去の詳細や現状を報告し謝罪の一つも述べなくてはいけないでしょう。それは保証人となる人からすれば当たり前です。あなたが自己破産をすることによっていきなり多額の借金が発生するのですから。それからの保証人である人の選ぶ選択肢は次の4つです。一つめは保証人が「みな返金する」というものです。あなたの保証人が大きな債務をいともなく返済できるというようなお金を用意しているならばそれが可能になります。でもその場合あなたが自己破産せず保証人に立て替えてもらって、保証人自身に定額返していくという手順も取れるのではないかと思います。保証人がもし破産を検討している人と親しい関係にあるのならばいくらかは弁済期間を長くしてもらうこともできないこともないかもしれません。またいっしょに返済ができなくとも、金融業者も相談すれば分割に応じてくれるかもしれません。その保証人にも破産手続き実行されると、カネが一円も手に入らないことが考えられるからです。保証人がもし保証した借金を代わって払う経済力がなければ、債務者とまた同じく何らかの方法での債務の整理を選択しなけばなりません。続いては「任意整理をする」処理です。この方法を取る場合相手方と落としどころをつけることでだいたい5年ほどの期日で返済する形を取ります。弁護士事務所に依頼するにあたっての費用の相場は債権者1社につきおよそ4万円。全部で7社からの負債があったなら28万円かかります。もちろん債権者側との話し合いを自分でチャレンジすることも不可能ではないですが債務処理に関する経験も知識もない方だと向こうが自分に有利な条件を用意してくるので、慎重である必要があります。それに、任意整理をするとしたとしてもあなたの保証人にカネを払ってもらうことになるのですからあなた自身は時間がかかるとしても保証人に返済を続けていくべきです。3つめですが保証人となっている人も借金した人と同じように「破産を申し立てる」という選択です。保証人となる人も債権者とともに自己破産を申し立てれば保証人の債務も返さなくて良いことになります。ただし、土地建物等を登記しているならば財産を失いますし、税理士等の職業についているのであるならば影響が出てしまいます。個人再生を利用するといいでしょう。一番最後に4つめですが「個人再生という制度を使う」ようにします。マンション等を残したまま負債整理を望む場合や、破産申し立てでは影響が出る職務にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生制度による整理です。この手段なら、自宅は処分する必要はありませんし破産宣告の場合のような資格に影響する制限がありません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.