www.bertrandsalle.com

-

-

店頭にて決済する時に、誰でも思ったことがあると考えますが、スタッフがわかっていないためにどちらの紙をカード利用者に提示するのか迷うことがあります。クレジットカードを使用すると、機械の方から3枚の紙が出力されるからでそれらのどの紙を利用者へ渡すのか判断できないというケースがあるのです。複数の紙の内容)この複数の利用レシートの解説とはいかなるものなのかについてまとめると下の通りとなります。1利用者へ渡すべき使用レシート。2店舗控え用のレシート。3カード会社保管用紙(サインする明細)。通常はあたりまえのようにカード利用者側へ渡す用の利用明細を受け取るはずなのですが、時として、店舗で保管する使用レシートを客の方に勘違いして渡してしまうということや、記名をした方の使用明細を渡してしまうなどというケースすらあります。このようなケースはパート店員に対してやあまりクレジットというものが利用されない店舗などの会計で利用する際このようなスタッフの動揺が垣間見ることが出来ることでしょう(笑)。もしも店員が間違った利用レシートというものを提示してきた暁には、冷静に「こちらは違いますよ」と一言教育してあげてください。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.