印鑑登録をすることができます

-

-

車を売却する場合、また売買の際も印鑑証明というものが必要です。即日の尾行が依頼できる探偵

この印鑑証明という書類について説明しましょう。

印鑑証明というのは、ある印鑑が実印であるということを裏付けるための書面です。

この書類がなければその印鑑に関して実印であるかどうかが保証できません。

高額な取引になる自動車の買取なので、どうしても実印が必要になりますがその際に印鑑証明という書類が登場します。

役所で印鑑証明をつくるためには、事前に印鑑証明をする必要があります。

登録するはんこは正式には実印と呼ばれていて唯一無二のはんこであることが条件です。

実印を準備してお近くの市町村役場へ出向けば、印鑑登録をすることができます。

手続きが済むと印鑑登録カードというものが交付され、そのハンコは実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明書を交付してもらうには市町村役場の窓口へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持参するだけで大丈夫です。

また、自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付してもらうことができます。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

なのでどれだけ前の印鑑証明だとしても効力は消えないということになります。

しかしながら、車売却の際には、効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。

ほとんどのケースで有効期限の定めはありませんが自動車売却のときには、買い取り先が期限を教えてくれるので自動車の買取を予定しているなら、最初に持っておくとスムーズに進みます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.