市場の変動とまったく逆の変化

-

-

外国為替平衡操作(為替介入)は耳にした事がありますか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、テレビ、グーグルの情報で目にした方もたくさんいるでしょう。http://webmania.to

最初から為替介入は我が国の場合、◯財務大臣が円相場の安定性を保てるように使うやり方と考えられています。

わかりやすく言うと、激しい円高もしくは円安になった際に財務大臣の指令のもとに中央銀行(日本銀行)日本円の売り買いをして為替の相場の安定化を狙う、といったことです。

外国為替市場介入(為替介入)とは方法があります。

1.単独介入・・・行政もしくは日銀が東京市場において自ら市場に加わって為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・いくつかの銀行などが相談し、各銀行などが持ち金を使ってみんな一緒にまたは小出しに為替介入を行なう。

3.委託介入・・・国外の銀行などへの為替介入(外国為替市場介入)を委ねる。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の銀行などに代わって為替介入(外国為替平衡操作)をする。

このように種類があるのです。

どの場合の為替介入(外国為替市場介入)も一時期、もしくは継続的に為替の市場に大きなインパクトを与えるのです。

介入のお金はさすがに自国の権威をかけているのですから段違いなのです。

円ベースで説明すると、いつもは数銭ごとに動く為替相場が突然数円の動きをします。

個人の投資家の方ならば今までに経験があると考えますが今まで順調に含み益(あるいは含み損)が多いポジションを維持していたにもかかわらず、持っている保有高が決済したとの連絡が外為の会社よりEメールが。

どれほどの儲けかな(赤字になったのか)?と思いつつ決済状況を見ると自分で予想していた事とはまったく逆の状態になっていて度肝を抜かれたといった事例があるのです。

外国為替市場介入(為替介入)が行われた時によく起こることなのです。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施されることで、市場の変動とまったく逆の変化をするものです。

まして変動する額の範囲は相当でかく変わりますので用心が必要なのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.