スプレッドの広さが狭いのと合わせて変化しない事が必要です

-

-

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を取引して利ざやを生む商取引です。レモンもつ鍋

取引の価格は変化しています。リファアクティブ

それがマーケットです。上野クリニックのヒアルロン酸

ニュースサイトを見ていると、外貨の為替相場のニュースが流れることがあります。ピーチジョン クリーム

よくあるのが「ただいまのドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

これは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表現しています。

すなわち、外為取引には買値と売値の2つの値段があります。

売値、買値ではなく、BID、ASKと示している取引業者も存在しています。

買値よりも売値が低く設定されています。

私達が買うときには高く、売るときには安くなっています。

この差をスプレッドといい会社の収入の一部になっています。

スプレッド幅はFX取引会社によって異なります。

スプレッドの差は自分にとって負担になるので、小さい取引会社をピックアップしたほうが優位です。

ただし、場面によってスプレッドの広さは変動します。

仮にドルと円のペアでたった1銭のスプレッド幅だったとしても、市場の上下が激しいケースでは3銭、4銭になったりする場面があります。

なので、スプレッドの広さが狭いのと合わせて変化しない事が必要です。

最近では変わらないスプレッド幅を示すFX取引会社も多数あったりします。

リアルに業者の売買画面上で本当のマーケットを見て確認しなければ評価できないので億劫ですが、とても重要なことです。

重要な資金を賭けて売り買いするのですから、本当の取引の前に、関心がある会社の新規取引口座開設をどんどんして示されているスプレッド幅を知っておきましょう。

同じ通貨のペアでもその場面での変動率(ボラティリティ)によって、通貨ペアのスプレッドの広さは変わることがあります。

いつもはインターバンクマーケットで売買高が多い通貨の組合せではスプレッドの広さが小さく、残りの通貨ではスプレッドの差が大きくなる事がよくあります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.