タイミングの変動率(ボラティリティ)によって

-

-

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売り買いして差益を狙う投資です。ママニック 葉酸 サプリ 口コミ

取引の値段は、常に動いています。タマゴサミン

これが為替です。24/7ワークアウト山梨甲府

テレビを見ていると為替の話題が流れる場合があります。脇汗を止める方法

「ドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。極み菌活生サプリ 口コミ

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表現しています。ゼファルリン

言い換えると、買いと売りの2つの価格が存在する事を示しています。コンブチャ クレンズ お得

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と示しているFX取引会社も存在しています。洗顔石鹸 クチコミ

通常は売値が買値よりも低い値段に決められています。

私達が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

この差分をスプレッドといい取引業者の収益となっています。

スプレッド幅は会社によって異なります。

スプレッドの狭さは経費になるので低い業者をセレクトしたほうが得します。

ただ、同じ会社でも局面によってはスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。

仮定として通常はドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッド幅でも為替の変化がかなり激しい状態では3銭、4銭になったりする場合があります。

という訳で、スプレッドが小さいのと同じく変化が小さい事が不可欠です。

現在では変わらないスプレッドの広さを提示する取引業者もいろいろ存在します。

現実に取引業者の取引画面の中で実際の相場をチェックしなければ判別できないのでわずらわしいですが大切な事です。

多くのお金を賭けて注文するのですから、実際の売買の前に気になるFX取引会社の取引口座開設を遠慮せずにしてスプレッドを確認しましょう。

同じ通貨の組合せ、そのタイミングの変動率(ボラティリティ)によって、スプレッド幅は変わることがあります。

通常、インターバンク市場で取引量の多い外貨ではスプレッドが狭く、別の通貨ペアでは広くなる傾向にあります。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.