っていうことを調査します

-

-

融資を使用するためには、ご利用するサービスの審査に申込み、その審査を通過することが前提条件です。

となると、そういった審査では、使用する人のどういった箇所が審査されるでしょう。

融資する会社は審査を申し受けると、まず弊社の登録名簿に申込者が以前にエントリーされているかどうなのか、っていうことを調査します。

そして、信用情報機関などに問い合わせて、申込みした人の情報があるかどうかみます。

それから、申込みした人の年齢や昔の借り入れ経験と、プライベートな情報の要素からも調べていくのです。

総合的にみて、借り入れを許可するかどうするか、いくらくらいの価額のキャッシングを承認するかなどを審査します。

審査項目をクリアすることで、キャッシングカードが、持て、お金の貸出しサービスご利用することができるようになるのです。

融資を受けるための手続きには、自分の個人情報に関するものを全部提供するつもりで望むことが必要です。

自分のことはもちろん家族や勤務地や、住居の環境なども審査項目に記入しなければなりません。

貸出し会社の厳しい審査では、そういう判断する項目のことを属性と呼ぶことがあります。

チェック項目の中でも、特に重視される属性があり、そこで問題が出てしまった場合は、難しい審査を通過する可能性は大分低くなってしまいます。

重要視される属性は、その人がどんな方なのかというものをジャッジすることができ、裏付けがとれるものについては重要と見られる流れがあります。

重要視されるチェック項目の中でも、収入水準が知ることができる属性も重要視されます。

月収は重要とされると感じる人も多いようですが、事実上、これは自分で申し立てができるものなので、月の収入自体確証が見れない限りはあまり重視されるものでないとされています。

嘘の報告も可能ですから、確証のあるものよりは重視されることはないとされています。

そして職業では、「離職率が低い」職業であれば、厳しい審査にも関わらずプラスになります。

公職などがその一つの例で、公務員に次ぐ職種ではホワイトカラーと言われているサラリーマンなどとされます。

マイナスポイントとなってしまう業種は「安定しずらい職種」なはずです。

水商売関係や、日雇いで働く方、自営業や、作家なども、安定していると見られずらく、審査自体がパスしづらくなるようです。

その一方で住居の面では、私有の家であるかどうなのかということは間違いなく重要とされるはずだが、持ち家か否かと同時に、住んでる年も重要とすることは高級なマンションに住んでいるか否かよりは、どういう家であろうとも長年住んでいるほうが審査自体では有利になります。

長年住んでいることで、信用があると判断されるのです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.