切り抜ける方が無難でしょう

-

-

自己破産申立てを行ったとしても司法機関から親族に連絡がいくことはあり得ません。ホワイトデーバイト2017

従って家族や親類に明らかにならないように自己破産申請できるかもしれません。ゾンビ漫画 おすすめ

ただ、実際のところ、破産の手続きを行う時に司法機関から同じ屋根の下に住む親族の所得を証明する書類や通帳の複製といった書類資料の提供を要求されるようなこともありますし、業者から近親者へ通知が来るといったようなこともままありますので、内緒で自己破産というものが行うことができるという100%の確証は得られるものではないといえます。フレキュレル

無理に知らせずにしておいて後に発覚してしまうよりも、最初の段階で相談をして家庭のメンバー皆が協力し合って自己破産申請を切り抜ける方が無難でしょう。アーセナル

一方、一緒に住んでいない親族の人が、自己破産手続きをしたことがばれてしまうなどということはひとまず心配する必要はないと理解しても良いでしょう。債務整理

妻/夫の賠償義務を消滅させることを主眼として別れることを図る早まったカップルもいるようですが、実際はたとえ婚姻関係を結んだ間柄であってもまず自らが書類上の(連帯)保証の名義人に身を置かないということであれば民法において支払い義務は発生しません。

ですが、書類上の(連帯)保証人身を置いている場合はたとえ離縁することを行っても保証人という身分としての義務は引き続き本人が負わなければいけないから支払い義務があると考えられるのです。

よって離婚をしただけで未返済金などの債務の支払に対する強制力が解消するといったことは考えられません。

ところで、現実として債権を持つ会社が自己破産申請者の近親者に催促を実行してしまう場合もありますが連帯保証人ないしは保証人という立場になっていないのであれば親と子ないしは兄と弟の間などという家族の返済義務であっても借りた人以外の家族や親類に法律的な支払に対する強制力はあり得ません。

それ以前に債権を持つ会社が支払に対する強制力を持たない親族に向けて督促を実行するのは貸金業を規制する法律についての金融庁の運営ガイドラインの中で禁止されており支払いの請求の仕方によっては貸金業規制法の督促の基準に背くこともあります。

それを真に受ければ法的な支払義務がないにも関わらず債務をもつ人の家族が支払いの催促を受けたという事実があるとすれば消費者ローンに対して支払請求を停止するよう注意する内容証明の書類を送るのがよいでしょう。

よく、破産申請者当人のことがとても可哀想でならないからといって本人を除く家族や親類が借入金を代わりに返すという話も聞きますが借り手本人が好意に甘えて何度も借金を引き起こすことが少なくありません。

ですから債務をもつ本人心情を考慮したら冷たいようですが借入者本人の手によって借金を返させるか、自力での更生が不可能ならば破産手続きをさせる方が債務を負った本人の健全な社会生活を全うするためには良いとは言えないでしょうか。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.