そういった負担は個人

-

-

自動車の損害保険には任意保険および自賠責保険に代表される2つの種別があります。

任意保険も自賠責保険も、不測のトラブルなど遭った場合の補償に関するものですが内容は少々違います。

二つの保険を比べると補償の対象となるものが同じではありません。

※相手には任意保険あるいは自賠責保険を用いて補償されるよう取り決められています。

※自分自身へは<任意保険>で補償されるようになっています。

※自分自身の財産に対しては、【任意保険】によって補償できます。

自賠責保険のみでは自分自身への怪我またはマイカーに向けた補償などの支援は受ける権利がありません。

続いて相手方に向けての補償などの支援ですが自賠責保険においては死亡時最大で3,000万円、後遺障害時最高額で4,000万というように決められています。

ただし賠償額が上記の値を上回ってしまうことは珍しくありません。

また事故の相手の所有する愛車または建築物を毀損してしまったケースにおいては加害した者の賠償となると定められているのです。

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険というもう一種類の保険が必要となるのです。

害を被った人に対する救いを主眼としている任意保険というものにも実はそれとはまた違う役目が用意されています。

※相手へは死亡時あるいは手傷の他乗用車あるいは家などの対象を補償するのです。

※自分自身に対しては同伴者もひっくるめて死亡時または傷を補償してくれるのです。

※自己の財産についてはマイカーを賠償します。

数々の面において補償が行き届いているのが任意保険というもののメリットです。

保険の料金の支出は欠くべからざるものとなりますが、事故が起きた時の相手のためにも自分のためにも自動車に安心して乗りたいのであればぜひ任意保険というものに契約を結んでおきたいです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.