乗用車の保険で定義されている(全損)

-

-

乗用車の全損とは文字通り車の全機能が故障してしまう場合、言い換えれば走ることが出来ないように自動車としての役を満たせなくなった場合に用いられますが、乗用車の保険で定義されている(全損)は少なからず異なるニュアンスが込められています。

乗用車の保険における乗用車が破壊された状態で全損と分損のように2つの結果に分けられ『分損』は修復費が補償金でおさまる時を表現し、反対に【全損】とは修理のお金が保険金を上回ることを表現します。

一般的には、修復で『全損』と言われると車の最重要のエンジンに決定的な打撃を受けたり、自動車の骨格がねじれてしまって修繕が不可能な場合リユースか廃棄となるのが当たり前です。

しかしながら、乗用車の事故を起こしてお店や車の保険屋さんがこのような修復の費用を推定した場面でどれほど表面的に美しく修復ができる場面でも修理の費用が補償よりも高かったら何のために自動車保険にお金を払っているのか分からないです。

こういったときには【全損】と結論付けてマイカーの所有権を車の保険屋さんに譲渡し保険額を支払ってもらうシステムとなっています。

当たり前の事ながら長年連れ添った自動車で未練があり自費で直して使いたいと思うひとはかなりいらっしゃいますので状況に応じて車の保険の会社と話すといいでしょう。

なお、車の保険によってはこういう事態のために特約などの【全損】の時のために特約があるところがあり、万が一車が《全損》なった時でも車を買い換える等代金を一定分払ってくれるサービスも存在します。

更に盗難時補償額の特約をつけるならば盗まれてしまった乗用車が発見されない場合も全損の扱いとなり、保険金が支払われるようになっています。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.bertrandsalle.com All Rights Reserved.